養成所に通おうか迷っている人におすすめ!声優通信講座!

声優スキル習得までの受講過程

声優を目指している人がそのためのレッスンを受講するにあたり、非常に重要となるのがカリキュラムです。

一般的にイメージされるのとは少し異なり、声優志望者に対するレッスンカリキュラムにおいて、いきなりアニメ作品や海外映画などを用いてアフレコをするということはあまりありません。

その前の段階でやるべきこととして発声や演技などの基礎練習を行う必要があります。

これらの基礎的な技術が身についていない人が声を当てようとしても体力面を維持することができなかったり、自分の担当するキャラクターと同期して演技を行うということができなかったりすることがほとんどであるからです。

そのためしっかりとした声優養成所では実際にアフレコを行う前段階のこうしたトレーニングを非常に重視します。

こうした基礎がしっかりと身についた次の段階で実際の映像を用いたアフレコやナレーションなどのより実践的な練習へと入っていきます。

こうした地道なトレーニングこそが声優としてスキルを獲得し高めていくためには絶対に必要なのです。

もちろんこうしたことは通信講座の場合も全く変わりません。

もし声優養成所の通信講座の受講をお考えである場合には、こうしたカリキュラム面でのポイントをしっかりとチェックするようにし、基礎的なトレーニングを疎かにしないところを選ぶようにしてください。

インターナショナル・メディア学院の場合は?

インターナショナル・メディア学院ではプロフェッショナルとしての声優の人材を育成するという観点から、通信講座においても先述したような基礎トレーニングを非常に重視するカリキュラムが組まれております。

例えば基礎的な発声練習などはもちろんのことですが、それだけでなく体力トレーニングなどもそのカリキュラムに含まれているという特徴があります。

実際の声優の仕事は一般的なイメージ以上に体力勝負的な要素があり、現場でしっかりと仕事をこなしていくためには、まず何よりも体力が必要とされるという事実があるためです。

またその他にも基礎的なトレーニングとしては発声の際のアクセントの練習なども含まれています。

これは声優は単に大きな声を出すだけではなく誰からも聞き取りやすい発声を心がけなければならないという理由があるためです。

また教材としては朗読テキストなども用意されており、そうしたものを使用して自主トレーニングを行なっていくことでより実践的なスキルを身に着けていくことが可能となります。

また一通り基礎トレーニングを行なった後の次のステップにおいては、演技風景やアフレコなどの実践動画が教材として用いられ、さらに実際に先輩生徒のレッスン後の感想などを収めた感想動画なども配信されます。

そのため、そうしたコンテンツを参考にすることにより通信講座ではありながら、実際のレッスンに近い感覚でトレーニングを積むことができるように工夫がなされており、非常に実践的な内容となっています。

総合ヒューマンアカデミーの場合は?

総合ヒューマンアカデミーの通信講座の場合には、学校として提携先となっている大手声優プロダクションである東京俳優生活共同組合(通称:俳協)によって監修されたカリキュラムに則り、同じように監修がなされた教材を用いて受講をするという大きな特徴があります。

そこでは基礎的なトレーニングはもちろんのこと、実践的なトレーニングの一環として実際に地上波テレビにて放送がなされ、大人気を博したアニメ作品である『えとたま』を教材として使用し、実際にアニメに登場するキャラクターに自分自身の声を当てることによって声優としての実力を磨いていくということが可能となっております。

通信講座一覧
インターナショナル・メディア学院
総合学園ヒューマンアカデミー