養成所に通おうか迷っている人におすすめ!声優通信講座!

声優養成所の通信講座で負担する主な費用と、その内容とは?

負担費用と授業内容

声優養成所にも通信講座制の学校もあります。
通信講座制の学校は何かと便利ですが、一体どのくらい費用負担が生じるのでしょうか。
こうした点について詳しくなっておかないと途中でお金の工面が出来なくなってしまい辞めないといけなくなることもあります。
この記事では声優養成所の通信講座を利用する際にかかる費用負担について紹介しましょう。

 

通信講座制の受講料について

通信講座制の場合、かなり授業料に差があります。
授業料だけでなく通う期間も6ヶ月から1年までかなり違いがあります。
通う期間が設定されていないこともありますが、基本的には卒業するまでに30万円から60万円程用意しておくと良いでしょう。
とはいえ、これは目安でしかありません。
通信講座制の声優養成所に歌謡祭には必ず授業料を比較しておく事が大事です。
その授業料の内訳ですが、入学金と授業料が主なものです。
コレに追加してテキスト代や実地講習代などがかかることもあります。
講師に問い合わせをすることにより費用がかかるということも。
入学金は1万円程度の安価な声優養成所もあれば、10万円以上する声優養成所もあります。
仕事が忙しくてスケジュール通りに通えないと追加で受講料が発生することもあります。
こうした追加受講料についても事前にチェックしておきましょう。
基本的にこうした受講料については資料請求すれば解ります。
ネットで受講料について完全に掲載しているような声優養成所もあります。

基本受講料以外にかかる費用

基本的な受講料以外にも他に色々な費用がかかるものです。
例えば、学習中の生活費については事前に見積もっておきましょう。
アルバイトなどをしているという人もいるかもしれませんが、通信講座を受講することで学習に忙しくなり、アルバイトなどもしにくくなることがあります。
これにより生活費の捻出が出来なくなることもありますので気を付けておきたいところでしょう。
他にも、通信講座制の声優養成所によっては定期的に本校を訪れて実際に講師から発声練習などを受けないといけないところもあります。
この場合には交通費もかかります。
通信講座制であってもボイストレーニングなどはしないといけません。
自宅でするにしても迷惑がられることもあるでしょう。
このため、基本的に練習は貸しスタジオなどを借りて行うのが基本です。
貸しスタジオはボイスレコーディングをする際にも必要ですが、こうした貸しスタジオ代も考慮しておきたいところでしょう。
貸しスタジオ自体は一時間2000円から3000円で借りられます。
都内だとかなり安いところもありますから、費用を抑えたい場合には安いスタジオを探しておきましょう。
ちなみにカラオケ店で練習するなんてことも可能です。
通信講座制の声優養成所によっては思わぬ理由で追加受講料が発生してしまうことも。
コレはかなり厄介なものですが、これについては他の記事で紹介しましょう。
このように通常の受講料以外にも色々と費用がかかることがあります。
こうした点については入校前にしっかりと計画建てをして、入校中にこまることがないようにしておきたいところです。
声優養成所によっては経済的なプランを建ててくれるようなところもあります。
紹介したように声優養成所に通う際には色々と費用負担が発生します。
意外と安いと感じる人もいれば、かなり高いと感じる人もいるでしょう。
もしも費用負担が賄えない場合には奨学金制度や特待生制度を利用する事ができる場合もあります。
そのため、費用負担で困ったらまずは通おうとしている声優養成所に問い合わせしてみると良いでしょう。

通信講座一覧
インターナショナル・メディア学院
総合学園ヒューマンアカデミー